ダイエット中に陥りやすい罠

よく間違えた方法でダイエットをされる方がいらっしゃいますが、一番多いのが食事回数を減らすという事ではないでしょうか。

一日2食に減らす事で、空腹感がより感じられる事でダイエットをしていると実感されるかと思いますが、これは逆効果で、空腹感が感じられる事で、体が必要以上に栄養分を蓄えようとするからです。

他には、油脂を必要以上にカットする、サプリメント等の健康食品に過度に頼ってしまう場合があります。

油脂の摂りすぎは肥満の元ですが、摂らなさすぎると便秘しやすくなります。

油脂は潤滑油の役割を担っています。

油脂を必要以上に減らしてしまうと、腸内で便がスムーズに運ばれなくなり、宿便となってしまいます。

次にサプリメントですが、依存性が出てしまうケースが少なくありません。

サプリメントを飲用しているからと食事管理を怠ってしまい、結果的に食べ過ぎてしまい、体重が減るどころか増加してしまうという事が多いようです。

サプリメントの中には数万円もするものも有り、サプリメントを飲用して、間食も摂ってしまうようでは、お金の無駄遣いにしかなりません。

他に、ダイエットの為にスポーツジムに通い始めたという話を聞きますが、運動する事は良い事ですが、ジムで友達ができて、終わった後に一緒に外食して等となればかえって逆効果です。

運動した直後の食事は一番太りやすいです。

楽に痩せる方法というのは皆無といっても過言でなく、サプリメントも運動も適度に食事制限を行う事が出来てから初めて効果が出るというものです。

ダイエット中に気をつけないといけない事

ダイエット中に気をつけないといけない事は、まず過度な食事制限をしない事です。

よく一日2食に減らす方が多いですが、逆効果です。

それならば、同じ量を3~5回くらいに小分けして食事をした方が効果的です。

回数を減らすと、空腹の状態でいる時間が長くなり、体が飢餓状態だと判断し、食物が体に入った時に必要以上の栄養分を蓄えるからです。

あと、特定の栄養素を減らす方がいますが、代謝が悪くなります。

食事の量を減らす場合は、全種類の量を少しずつ減らすように心掛けるようにしましょう。

ダイエットは体内の代謝機能を活発にしないと効果が出ません。

また、栄養素は1種類だけでは機能せず、複数の栄養素を摂る事で初めて機能します。

例えば、ダイエットの為に肉類を控えるとします。

しかし、肉類の中には代謝機能を高める成分がたくさん含まれています。

運動した時は沢山の酸素を血管内で運搬させる必要があります。

酸素の運搬には鉄分が必要です。

この鉄分は肉類に多く含まれています。

緑黄色野菜にも鉄分は多く含まれていますが、こちらに含まれている鉄分は体内へ吸収されにくく、吸収されやすくするためには、併せてビタミンCや動物性蛋白質を摂取しないといけません。

鉄分を体内で機能させるためにも数種類の栄養素が必要ですので、特定の食品類を減らすのではなく、バランスの良い食事を適量摂ることで、初めて正常に体が機能していくという事です。

しかし、現在の食事は糖質・脂質が過剰摂取傾向ですので、やや多めに減らしても差支えはないと思われます。

体型を変えるために大切な習慣に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加